自然歩道  

Back To Index

難所ヶ滝・三郡山 935.9M 2005.12.25 昭和の森⇒難所ヶ滝⇒三郡山⇒河原谷コース⇒昭和の森
          
12月には珍しい寒波が襲来して難所ヶ滝が気になりだした。積雪がひどい時は雪道対策には無防備な我が愛車
では、登るタイミングが非常に難しい。
福岡地方は昨日から天気が快復。晴れ間が続く。
交通情報を聞いていると今日の朝でも、交通規制が解かれてない道がまだかなり残っている。おまけに山間部で
は雪が残っている箇所が多いので充分注意するように放送している。
太宰府を過ぎ宝満山への右折箇所手前のコンビニでおにぎりを買うまで、宝満山か昭和の森のどちらから登ろう
か迷っていた。とりわけコンビニの駐車場に撒かれた水がまだ凍っていたのには昭和の森まで行くことに腰がひけ
そうになった。しかしそれ以外は残雪らしい気配がまったく感じられないので、意を決して昭和の森までハンドルを
握ることにした。
結局昭和の森まで残雪を見ることもなく到着。予想通り駐車場にはかなりの車が駐車。

このコースも慣れっこになったつもりで前登る人をどんどん追い越して登った。いつもの渡渉箇所が少し狭いかな?
と思いながらも確かな踏み跡を追って前へ前と進んだ。しかしどうも雰囲気がおかしい。あのゴツゴツした河原谷コ
ースの感触がない。谷あいをのぼる筈なのに右側片側は樹林の傾斜地である。
あッそうだ俺はうさぎ道に入っているんだとわかり引き返す。約15程度のロス。うさぎ道での分岐で積雪に惑わさ
たようだ。しかしこういうヘマをやるのは自分だけだろうか。
過去何回か歩いたので途中で感づいたが、初めての人だったら踏み跡につられてそのまま進むかも知れない。

河原谷コースへ戻り登って行くと、間違う前に追い越した人達をまた追い越す。なかにはあれ〜?と思ったのか私
の顔を不思議そうに見る。ま〜ま〜いいじゃないですか。何もなかったような顔して先へ進んだ。

河原谷コースも本格的な雪道となり、そろそろアイゼンを装着せねばと思いつつ登れるところまで進もうと登る。
はるか上の方から一人の登山者が視界に入った。足許を見るとちゃんとアイゼンを装着。やはり降りる時はアイゼ
ンは装着せねばと思って近づいた登山者を見ると肉まんさんではないか。暫らく立ち話して別れる。
アイゼンは難所ヶ滝分岐で装着。

難所ヶ滝の先客は5人程度。静かな難所ヶ滝であったが氷の方もちょっと寂しい。上の方は岩肌だらけ。4・5分眺
めと写真撮影の後、北側の斜面を登って三郡山へ向かう。
斜面を登る途中で上から見下ろすと登山者が次々に到着していた。少し賑わいそうだ。
    
縦走路に出ると素晴らしい銀世界の道。おまけに天気も良い。上からドサッと雪が落ちてくる心配もない。サクサク
と雪を鳴らして三郡山へと向かう。
   

難所ヶ滝

素晴らしい雪の三郡縦走路

山頂手前のコンクリート車道も完全なシャーベット状の雪道。
金網を伝って山頂へ。三郡山頂には一人の登山者。
風が物凄い。ものの1・2分で退散しようと思ったが強風で帽子
を飛ばされ、それを拾うとしていきなり腰まで雪の中へズボン。
ステッキを延ばして拾うことが出来たが、腰まで雪に漬かって
足が抜けない。やっとの思いで足を抜くとあることが閃いた。
足を使わづにあと2・3歩は雪の上を腹ばいで元の道へ戻った。
日頃水泳しているお蔭かな。

三郡山山頂

それにしても、こんなことはもうコリゴリ。

タイムは実際に歩いた時間で個人差がありあくまでも参考です。
移動時間のみで休憩時間等は含んでいません。
尚、タイムはデジカメで記録された時間を表示しています。



   

inserted by FC2 system