自然歩道  

Back To Index

立 花 山・三日月山 367.1M
272.0M
2006.03.11 立花山駐車場⇒立花山⇒三日月山⇒立花山⇒立花山駐車場
          
快晴の天気に誘われて福岡市東区と新宮町とに接する立花山と三日月山を登った。
駐車場を出て車道を少し登ると登山口がある。そこを西へ緩い坂道を歩いてみかん園を右手に見ながら進むと本格
的な登山口があり(写真下中央)立花山を目指す。
歩き出したのが12時少し前。今日は昨日に続いて4月並みの気温。風もなく真夏特有の蒸し暑さもなく快適な歩き。
周囲の草木も青さを増して春の到来を待っていたかのようだ。みかん園のあぜ道には水仙、菜の花、ホトケノザ、ス
ズナが花を開いていた。
ホトケノザは先日太宰府政庁跡地でみたものより数段大きくたくましく見えた。しかし登山道に入ると草花の姿は見
れなかった。可也山と同じくツバキ(ヤブスバキ?)とアオキの赤い実がやたらと目についた。

31分で山頂到着。山頂には沢山の登山者が腰をおろして休息中。今日は黄砂の影響か遠望がボヤッとしか見えな
い。ここは海ノ中道から志賀島にかけての景色が特に素晴らしいところ。しかし今日はイマイチ。
景色を少し楽しんだ後、三日月山へと歩く。
       
     
立花山から三日月山への道は急坂を暫らく下ると下原への分岐に出くわす。ここまでの下りはかなりハード。
しかしその後の縦走路は自然林の大木がいっぱい。低山で短い縦走路の間にこんなに大木が林立するもの
かと驚きである。なんとなく気分がワクワクさせられる。
種類も多い。木にかけられている名札をみながらメモして歩いた。

(立花山⇔立花口登山口)
ニガキ タブノキ ヤブツバキ アオキ イヌガヤ ネコノチチ スギ イタジイ クスノキ イヌガシ サンゴジュ
ホソバタブ ヤブニッケイ ハマクサギ ケヤキ アリドウシ エゴノキ ヒサカキ イロハカエデ

(立花山⇔三日月山)
ヤブニッケイ コナラ アカドウシ ヤブツバキ クスノキ カゴノキ マサキ アラカシ ハキクサギ ヒサカキ
カゴノキ タブノキ アオキ
    

立花山⇔三日月山(縦走路の大木)

      
       立花山から24分、三日月山到着。ここも多数の登山者が休憩中。ここのベンチで水補給。
この山頂からは遠く宝満山系、背振山系の山並み、真下には東区や新宮町が一望できる。
しかしここも山並みの遠望は黄砂がかかってボンヤリ。全体的にボンヤリとした眺めだった。
帰りも往路と同じ道を歩いて大木の壮大さに見とれながら引き返した。

尚、立花口登山口から20分程度のところに「立花山大クス」への分岐がある。大クス5分ほ
ど先へ進んだ箇所にある。今日は立ち寄らずにそのまま山頂を目指した。
その大クスは幹囲:785cm、樹高30M、樹齢推定300年 である。
      
        今日の参考タイム

立花山駐車場

立花山

三日月山 立花山 立花山駐車場

11:43

12:14
12:20

12:44
13:14

13:38

14:16

タイムは実際に歩いた時間で個人差がありあくまでも参考です。
移動時間のみで休憩時間等は含んでいません。
尚、タイムはデジカメで記録された時間を表示しています。


   

inserted by FC2 system