自然歩道  

Back To Index

難所ヶ滝
三郡山
宝満山
732.0M
935.9M
829.0M
2007.02.04 昭和の森⇒難所ヶ滝⇒三郡山⇒宝満山⇒昭和の森
      
今日は昨日の冷え込みとは打って変わって春の様な暖かさの予報。難所ヶ滝は昨日の天気でも拍子抜けの氷結らしく、ましてや
今日の暖かさでは期待すること自体がおかしい。それでも今年前半の氷結はこれで最後になるかも知れないと思えば、自然と足
は難所ヶ滝へ向かっていた。

朝10時頃、昭和の森到着。氷漠シーズンとしては遅い時間かな? 既に一番下の方の駐車場が6割くらい駐車。少しでも登山口
に近い方をと上の駐車場からスペース探しでグルグル。ひょっとしたら1台分のスペースでもと期待して廻るが全くなし。上から順
に廻って結局一番下の駐車場で停める。

10時20分、駐車場スタート。河原谷コースを登る。スタート時は数組の登山者とボチボチ歩きの格好だったが、本格的な河原谷
コースに入ると先方を登る登山者がいっぱい視界に入る。中には15人前後の団体さんも。その他グループで登る登山者を幾組も
追い越した。自然と難所ヶ滝へ近付くにつれて渋滞の列。しかも難所ヶ滝から引き返す登山者とのすれ違い。かなり混雑した。

難所ヶ滝分岐の手前でバキーン、ドサドサという音が聞こえてきた。手前右側の氷結箇所からの音である。もうここでは氷の崩落
が始まっていた。難所ヶ滝の真下では気をつけなくては・・・。
難所ヶ滝分岐を左へ進んで急斜面をロープの助けを借りながら喘ぎあえぎ登ると眼上に難所ヶ滝。しかしやっぱり難所ヶ滝は今日
も冴えなかった。上からの崩落に注意しながらとりあえずデジカメのシャッターを押す。ま〜一通りやって来た記念に。

今日は昭和の森を11時前にスタート出来れば三郡と宝満、11時過ぎれば三郡までときめていたので、11時前にスタート出来た
ので三郡から宝満まで歩くつもりで北斜面へ取り付く。岩場の急斜面を登りきると雪道かと思いきや、雪溶け道でビチョビチョ道を
歩き始める。
自分の先方に夫婦2人、その先方にお父さんと子供2人の家族連れ。よくもま〜こんな道を小さな子供が登るもんだと感心しなが
ら近付くと何やら見覚えのある後姿。もしかしたらしろ鹿さんではないか。後ろから声をかけたら驚いた様子。しろ鹿さんは井原山
をベースに活動してあるからまさかこんな所で遭うなんて思いもしなかった。
やがて縦走路に出たが積雪は少ない。雪道が完全に溶けかかる一歩手前。サクサクと靴音を鳴らして歩くことは敵わなかったが
ま〜一応の雪道歩きは出来た。

三郡山頂直前の金網を伝って山頂へさしかかると一組の夫婦が他の登山者と立ち話中。お〜いそこ通るから空けてくれと思いな
がら近付くとなんと友人のM君夫婦ではないか。M君は毎年自分で描いた山の年賀状をくれる山の超ベテラン。以前年賀状に描
かれたくじゅうの山の絵をアップして紹介したことがある。まさかこんなところで遭うとはね。
彼は油須原の方から登って来たということで途中誰にも遭わなかったらしい。昭和の森方面と油須原方面とでは難所ヶ滝の氷結
シーズンだけでそんなに違うものなのか。難所ヶ滝までの河原谷コースでは登山者の行列・渋滞でいささかうんざり気味であった
んだが。

三郡山頂で昼食・休憩。山頂は7・8人前後。むしろ下のドーム横のベンチの方が賑わっていた。
昼食・休憩後、宝満山を目指す。縦走路の踏み跡は殆んど溶けかかっていた。中央の雪溶け道を踏まないように出来るだけ道の
両端の雪が積もったところを踏んで歩いた。しかし難所ヶ滝から尾根伝いに歩く三郡縦走路出会いあたりまでは道の両端の雪は
残っていたが、それ以降段々と雪が姿を消し縦走路はドロンコ状態だった。

仏頂山を過ぎてうさぎ道分岐へ差し掛かる下り斜面で渋滞に出くわした。15人前後の団体さんだろうか。ゆっくりゆっくり前進。
狭い道だし追い越すことも出来ないので最後について暫らく様子見。
すると自分の前にニットの帽子に見覚えるがある女性がいる。ひょっとしたらアウトドア店の山行で会う女性ではないだろうか。
彼女はこのHPを見ていて以前声をかけてくれた女性。つい先日の岩井川岳の山行でも一緒だった。しかし帽子だけでは確信で
きない。その後ろに同行の女性が続く。
この人も先日の岩井川岳で一緒に登った人のようだ。暫らく後方から2人の確認作業(笑)。そして横顔が見えた時に間違いない
と確信してやっと声をかけることが出来た。2人共振り返って驚いた様子。
2人はこの団体さんの一員かと思っていたら彼女達も渋滞で後ろを歩いていたらしい。うさぎ道分岐で彼女達は昭和の森へ下って
行った。自分は宝満山へ。三郡山から約1時間で到着。山頂は7・8人程度。静かな山頂だった。

山頂で景色を眺めてうさぎ道分岐まで戻り、昭和の森へ帰る。約4時間20分の歩き。後半のぬかるんだ道歩きで特に下り勾配
では膝に相当の負担がかかった。河原谷コースへたどり着いた時には膝が笑う一歩手前であった。幸いにもこんな悪路でスッテ
コロリンをしなかったことは良しとしよう。

      
今日の参考タイム

昭和の森

難所ヶ滝

縦走路出会

三郡山

宝満山

うさぎ道分岐

昭和の森

10:24

11:20

11:45

12:10
12:33

13:30
13:35

13:43

14:43

タイムは実際に歩いた時間で個人差がありあくまでも参考です。
デジカメのタイムで掲示しています


   

inserted by FC2 system