自然歩道  

Back To Index

根子岳東峰 2007.11.07 1408.1M 大戸尾根登山口⇒大戸尾根コース⇒根子岳東峰⇒前原牧場登山口

          
アウトドアショップの根子岳東峰の紅葉登山に参加。
10時15分頃、式見登山口駐車場へ着き、登山準備後ストレッチ体操。10時30分スタート。
駐車場から林道を歩いて7・8分のところの記帳所から右に曲がり登山道に入る。直ぐに牧場の柵があり、そこ
から本格的な登山道(大戸尾根コース)へ入る。
    

根子岳の全容(右端:東峰 1408.1M)

     
このコースは最初から登りがきつい。山頂までずっと登りの連続。前以て山友より雨後はよく滑るから気をつける
ように聞いていた。ここ2日くらい雨が降っているようなので・・・ッと思っていたが意外と登山道は歩き易かった。
登り始めて40分くらいしたところで視界が拓け、振り返ると祖母、傾方面、南西側には脊梁の山々が見えた。

やがて登山道での紅葉が目立ってきた。なかなか立派な紅葉が目立つ。紅葉と時々振り返る祖母山方面の眺
望を楽しむ。今日の天気は快晴。風は無いが袖を捲り上げると、それなりの涼しさを感じ、快適な歩きを続ける。
急に前方の歩きが遅くなった。前方を歩く参加者が急な登りを攀じ登っている。このコース唯一の梯子段箇所で
ある。
    

        
この梯子段箇所を登りきると、やがて根子岳とりわけデンとそそり立つ天狗岩が眼の前。はじめて見る天狗岩の姿
は壮観だった。手前眼下の地獄谷付近へ眼をやると、今が紅葉真っ盛りといったところだった。
感嘆の声をあげながら登る。登る先々は撮影ポイントばかり。どこで撮ってもあまり変わる筈がない風景だが、ポイ
ント、ポイントで「あッここからの方が良い」と何回もシャッターを押す。

天狗岩と西側地獄谷方面の景色を交互にみとれながら登るうちに、帰りにここから下りる前原牧場登山口分岐に到
着。ここに眺望を楽しむ小さな岩場があり、暫らく立ち止まって祖母・傾方面や眼下の景色を楽しむ。
東峰はここから5分。山頂で昼食・休憩。
     

登山道から天狗岩

      

久住方面

祖母山・傾山方面

       
昼食後、天狗岩へもっと近づけると聞いて東峰の西側斜面へ進んでみた。ここにもいくつかの撮影ポイントがあって
途中で三脚でカメラをかまえる登山者がいた。さらに進んで眼の前の天狗岩の景色を楽しんだ。
天狗岩直下の紅葉は少し色あせているかなと思われたが、それでもその絶景は大したもの。初めて登って初めて
見れたこの風景。本当にラッキーであった。
    

天狗岩(東峰西側斜面より)

      
下山は往路を5分ほど戻り前述した分岐から前原牧場登山口へ下りる。このコースは距離こそ短いが一気に下りる
ような感じであった。
登山道は大戸尾根コースよりも乾きが遅いのか、滑りやすい登山道になっていた。しかも急傾斜だからあッと思った
らズルズル。摑まれそうな木の枝を頼りにしたり、ササをわしづかみにしてズルズルといくのを防ぐ。四足降下だ。
自分の後を下りていた参加者は何回転倒したことだろう。最後は転ぶのをを楽しんでいるのかと疑いたくもなった。
という自分も最後に下で我々の到着を待つマイクロバスの姿を見つけた途端、安心したのかズルッといってしまった。
    



クサフジ(下山道)
   



リンドウ(下山道)


下山道からの紅葉

inserted by FC2 system