自然歩道  

Back To Index

大根地山 652.0M H20.03.22 竜岩自然の家⇒大根地神社⇒大根地山⇒大根地神社⇒竜岩自然の家

          
以前から登ろうと思いながら今日まで実行できなかった
大根地山へ登ることにした。
大根地山は宝満山へ登る度に山頂から直ぐ隣に見下ろしていた山。

竜岩自然の家駐車場を10時45分スタート。自然の家の施設の中を宝満川を左手に見ながら歩くと
車両進入禁止のゲートに出くわす。ゲートを通って進むとやがて「大根地山1.3KM」の道標があり、
そこより右へ入り大根地山を目指す。林道と別れて7・8分歩くと先ほど歩いてきた林道と出会う。
この林道を跨いだ先が左下の写真の地点。
ここより少し勾配がきつくなるが、あまり息はあがらない。杉林とアオキの木が目立つ登山道をモク
モクと歩く。苔むした石段を登りやがて石の鳥居に出会い、その先の岩場に小さな扇滝。そこが荒
熊稲荷神社である。
       

竜岩自然の家より35分の地点

荒熊稲荷神社

        
荒熊稲荷神社を過ぎるとやがて大根地神社。この辺りになると登山道というよりもひとつの大きな神社
を歩いて参拝に来たような感じ。
幾つもの赤い鳥居を潜り抜けると急に明るい山道となり、電波反射塔が建つところを案内板にしたがっ
て進むと大根地山山頂到着。スタートから55分。ちょうど3人の登山者と入れ替わりで山頂独り占め。
山頂は広く草原状。山頂の温度計は12度。気持ち良い穏やかな風が吹いていた。

見晴らしは夜須町方面は眺望抜群、しかし遠くは霞がかかったような状態でボンヤリしか見えない。耳
納連山が見えるだけ。そして宝満山、三郡山方面は山頂の樹木に遮られてよく見えない。
樹の間から垣間見れる程度であった。宝満山頂からいつも見下ろしていたので、見上げる宝満はどんな
感じなんだろうと期待していたが残念だった。
30分山頂で過ごしいると6名の登山者次々に到着。急に山頂が賑やかになった。
   

大根地神社

大根地山山頂(652M)

inserted by FC2 system