自然歩道  

Back To Index

三国山 993.8M H20.06.13 宿ヶ峰尾峠登山口⇒三国山⇒宿ヶ峰尾峠登山口

               
アウトドアの三国山登山に参加。
朝10時前に登山口がある宿ヶ峰尾峠に到着。今日は感謝登山とあって参加者総勢30余名、マイクロバス2台で
はせ参じる。
全員で軽いストレッチ体操して朝10時スタート。
駐車場所より北へ車道を歩き約10分で左手に
不動明王への鳥居があり、登山口の標識もある。途中には山水が
とうとうと流れ落ちる水場がある。
鳥居をくぐりコンクリートの階段を登ると2・3分で不動明王に着く。今日の無事を願ってお参りし本格的な登山道へ。

登山道は穏やかな登り勾配で目立ったアップダウンもなく歩きやすい。取り立ててこれといった印象ある道ではない
が、緑に覆われた自然林の中を歩く。倒木がやや目立ったのが気になった。予想外に降った今年の雪の重みに耐
えかねたのだろうか。前半は自然林の木陰のお蔭でカンカンとお日様が照りつけているわりには意外と涼しく汗は
ほとんどかかない。
     

不動明王への鳥居(登山口)

       
ほとんど厳しい箇所もなくゆっくりと高度を上げ、一端鞍部に下りて登りあがるところが今日の最大(強いていえば
下の写真のクサリ場)難所? しかしこの辺りからヤマツツジやエゴノキ、ガクウツギが出迎えてくれる。
とりわけ緑に囲まれるヤマツツジの赤やピンクが眩しい。

この後ロープ箇所を登り何となく頭上に空の青さが眼に入リ出した時点で山頂到着。登山口より約70分。
山頂は半分は樹木に覆われて遠望も半分くらい。しかし狭苦しい圧迫感はない。むしろ狭いが木陰があるので腰
をおろして休憩には適している。

南側の八方ヶ岳はすぐ目の前。西側の国見岳は延長線の樹木に遮られてまったく見えない。東側の九重連山を
木立の間から見る。

本日の食事は下山後の「水辺のプラザ」でのバイキングランチ。そして温泉。
山頂でオヤツを頬張り、集合写真を撮って再び宿ヶ峰尾峠へ戻りマイクリバスで一路「水辺のプラザ」へ。
      

本日の一番の難所クサリ場

クサリ場を登りあがるとヤマツツジ

        

三国山山頂(993.8M) 狭いが休憩には良い 

         

三国山より八方ヶ岳を望む

inserted by FC2 system