自然歩道  

Back To Index

立花山
三日月山

367.1M
272.0M

H21.2.2 登山口⇒屏風岩⇒立花山⇒三日月山⇒立花山⇒大クス⇒修験坊の滝⇒登山口
    
ずっと寒い日々が続いたが2日は急に暖かくなった。
天気予報では明日3日はまた完全なる雨マークが出ているので、暖かいうちにと山へ出かけることにした。
今日は久しぶりに立花山〜三日月山の歩き。
調べてみたら2007年6月19日立花山〜三日月山〜長谷ダムを往復して以来の歩き。

11時50分立花口側の駐車場をスタート。
  

登山口付近のみかん園

      
立花山山頂12時30分。山頂は登山者でかなり賑わっていた。
天気が良い割りには遠望が霞んでボヤッとしていた。特に背振山系は殆んど霞んだまま。
  
ここでYOさんと出遭う。前回立花山〜三日月山〜長谷ダムを往復歩いた時に3人の方に案内して頂いた方の
一人。久しぶりの再開に暫くお互いの山の近況報告。
   

立花山山頂 12:30

立花山山頂より海の中道方面

      
YOさんとお別れして三日月山へ向かった。
立花山山頂から三日月山へ向かう南側斜面は下原分岐までかなりの急坂。
この急坂の斜面はクスノキの原生林。びっくりするくらいの大木が目立つ。
   

立花山南側斜面のクスノキの大木

バリバリノキ 「クスノキ科」

      
下原への分岐を過ぎれば後は平坦な縦走路を歩き約20分で三日月山へ到着。
ここで暫く昼食・休憩。
      

三日月山山頂 12:50

       
三日月山より往路と同じ縦走路を戻り立花山へ。
立花山へ戻ったのが13時40分頃。山頂は休憩中の一人のみで、1時間程前の賑わいは無くシーンと
静まりかえっていた。

帰りは山頂より屏風岩まで下り、そこより「立花山大クス」へ寄って、修験坊の滝を通って下山。
   

立花山大クス
幹周785CM 樹高30M 樹齢推定300歳以上 

大クスの上の幹は少し上に登った所から撮影

inserted by FC2 system