自然歩道  

Back To Index

平尾台

967.2M
816.4M
H21.10.15 茶ヶ床園地⇒貝殻山(472.4M)⇒天狗岩(436M)⇒桶ヶ辻(568.7M)⇒周防台(606.5M)
⇒広谷湿原⇒茶ヶ床園地

        
豊津の俊ちゃん・信ちゃんとHiroさんが平尾台へ花散策へ出かけるということで参加させて頂くことになりました。
各自茶ヶ床園地9時待ち合わせで九州自動車道福岡ICより小倉南ICを経て平尾台茶ヶ床園地へ。
平尾台への交差点を左折した時に田川方面からHiroさんらしき運転の車もやってきて私の車の後ろにつきました。
平尾台には何回かやって来ていますが、運転してやってくるのは初めてです。これで道を間違えることは無いだろう
と一安心していたところ、後ろの車が停まってしまいました。あれ〜ッ?Hiroさんではなかったのかと・・・そのまま
進み8時20分に茶ヶ床園地到着。
駐車場には既に2台の車が駐車していました。早めに着いたので付近をウロウロして珍しくスミレを見つけたり平尾
台の景色を眺めたりして登山靴を履き替えていたところHiroさん到着。
やっぱり先ほどの車でした。何やら途中で確認したいものがあったので・・・・ということでした。
やがて豊津の俊ちゃん・信ちゃん到着。

      
動画=クリック
   
      
平尾台となれば一般的には大平山〜貫山のコースが頭に浮かびます。私も誘われるがままに大平山〜貫山というのが
頭に浮かび、このルートでの花散策と単純に考えていました。それなのに集合が茶ヶ床園地なのかを深く考えていませ
んでした。
今日は違ったルートを歩きました。
茶ヶ床園地〜貝殻山〜天狗岩〜桶ヶ辻〜周防台〜広谷湿原です。初めてのルートです。
  
茶ヶ床園地を9時過ぎにスタート。貝殻山を目指します。
茶ヶ床園地から南へ歩き貝殻山を目指しますが、登りは石灰岩の石の中を半分藪漕ぎ状態で登りました。幸いなことに
雑草を刈った直後だったので本格的は藪漕ぎにならなくて良かった。
貝殻山の山頂で暫く四方の遠望を楽しみました。福智山、香春岳、ラクダ山が見えました。英彦山は霞んで見えるような
見えないような・・・・。
   
貝殻山山頂から東斜面を下り樹林や竹林の道を進みます。こういう登山道を平尾台で歩くとは思ってもいません。
ほぼ草原の山というイメージです。
やがて樹林を抜けると快適な歩きとなります。天狗岩〜桶ヶ辻〜周防山の中腹をトラバースするような歩きで緑の斜面
を歩く光景は後ろから見ているとかなり絵になります。
   

  

茶ヶ床園地スタート 8:20 貝殻山へ

天狗岩へ快適な歩き

      
中腹の歩きが終わると方向を変えて北側へ斜面を登ります。緩やかな斜面ですがかなりきついです。
天狗岩が先方に見えてきました。登りあがるにはかなり面白そうな姿です。
天狗岩へ登り上がるのは正面からかな?と思っていたら、少し後方に巻いたところから上がります。
Hiroさん、かなりおっかなびっくりでしたが豊津の信ちゃん先導で無事登り上がりました。
登り上がると下から豊津の俊ちゃんがデジカメを構えていてくれました。
  
岩の上に立つHiroさんの表情は写真ではわかりませんが、一応手を振っていますから・・・顔は引きつっていなかった
かも知れません。
  
天狗岩から下りるのにHiroさんヘッピリ腰です。・・・・ッと急に強い風が吹いてHiroさんの帽子が飛ばされました。
幸い帽子は傍の樹木に引っかかって岩上へ落下。普通だったら帽子が飛ばされそうになったら手が頭に行きますけど
Hiroさん悠然としています。これは大物だ〜ッ・・・・。
帰宅後、信ちゃんから送られてきた画像でHiroさんが天狗岩を下りる場面があります。・・・・しっかりと両手で岩を押
さえています。肩に力が入っているのがアリアリです。結局こういう図式ですね・・天狗岩から降りる怖さ>帽子を失う
   
  

天狗岩 436M

天狗岩へ登る Hiroさんの表情は・・・?

     
天狗岩の次は桶ヶ辻です。山頂に吹流しがあるのが歩いていて見えていましたが、何のためにそれがあるのかあまり
考えていませんでした。
山頂へ着いたら東側斜面でパラグライダーをやっていました。見たのがちょうど飛び立った直後(下写真)でした。
吹流しはそのためにあったわけです。
   

桶ヶ辻 568.7M

     


  
パラグライダー


   
飛んだ気分で

パラグライダー(桶ヶ辻東側斜面)

      
桶ヶ辻から周防山を目指します。茶ヶ床園地を出たところからずっと野草の連続でした。
周防台でランチタイム。いろんな差し入れを頂いて満腹・満腹!
   
周防台から野草が多い小高い斜面を散策した後、広谷湿原に入りました。ここでもいろんな花と出逢いました。
   

  

秋です

先方が広谷湿原

   
下山した後、茶ヶ床園地の東屋で信ちゃんが点てた抹茶を頂きながら、信ちゃん持参の立派な山野草の本を参考に
花の勉強会。立派な本ながら外れたページがあるということは、かなりその本を参考にされているということ。
自分の「日本の野草」は本棚に飾ったまま・・・・反省。
   
今日は豊津の信ちゃん・俊ちゃんの案内でいろんな花と出逢うことが出来ました。
吹上峠〜大平山〜貫山のルートしか知りませんでしたが、平尾台の奥の深さを実感しました。
  
花の画像は何時も大半がピンボケでボツの場合が殆んどでしたが、珍しくボツが少ない日でした。
豊津の俊ちゃん・のぶちゃん、Hiroさん 一日楽しい花散策が出来ました。有難うございました。

    
平尾台で出逢った花です

ムラサキセンブリ

  

センブリ

   

  

センブリ(白)

イヌセンブリ

     

  

アケボノソウ

ウメバチソウ

        
  

ヒメヒゴタイ

ナンバンギセル

   
  

ハバヤマボクチ

リンドウ

   
  

キュウシュウコゴメグサ

ホザキミミカキグサ


inserted by FC2 system