自然歩道  

Back To Index


  

宝満山

H22.03.16 竈門神社登山口⇒(正面道)⇒宝満山⇒キャンプ場⇒(女道)⇒竈門神社登山口
    
猫の眼のように変わる最近の天気。今日は晴れ、こんな天気が良い日を見逃しては勿体ないと宝満山に登ってきました。
最近、腰を痛めてやっとこさ14日の福智山登山には間に合ったものの、帰りのボタ山で張り切って登りあがったため、翌日から脚
の筋肉が強張って未だその痛みが残っていました。
  
竈門神社からいつもの正面登山道を進むと登山口から進んで直ぐのところに、最近の豪雨で土砂崩れになった箇所がありますが
そこは工事中で横に別の道が造られていて木造の階段を歩いて通過します。
  
一端、車道に出て進みますと通行止めの鉄パイプのフェンスが設置してありました(下左写真)
前を歩く二人連れがフェンスの左側上方向の道へ進みました。ちょうどその時にその道の上から登山者が下山してきました。
ここは前から登山道らしいなと思ってはいましたが別段気にすることなく車道を歩いて山頂を目指していました。
フェンスがしてあるということはここから迂回路を通りなさいということだと思い、下りてくる登山者に尋ねると車道をそのまま進んでも
通れるけど、この道はとても歩きやすいですよという言葉でこの道を歩いてみることにしました。
   
歩きやすいかどうかは歩く本人の感じでしょうが、出てきたところが下右写真の所です。工事があっているところはこの先でした。
大分工事は進んでいましたが、新しい土が盛られた箇所は未だ固められてなく泥濘と云うとオーバーな表現ですが、水分をいっ
ぱい含んでそれなりに歩き難かったです。
  

      

法面工事のためフェンスの手前より左側へ入る

工事看板の左側先へ出る

         

登山道で出逢ったスミレ

      
  
日替わり天気のせいか平日でもあり、天気が良い割には登山者は少なかったようです。
途中で宝満山常連のNIさんと遭遇。久し振りで暫く近況報告などで立ち話。
  
    

穏やかな山頂

砥石山方面

       
  
山頂からキャンプ場へ寄って女道を歩いて竈門神社へ下山しました。
キャンプ場南側にはヤブツバキがいっぱい咲いていましたが、小粒で大変かわいらしいものでした。
何時も賑わっているキャンプ場も数人の登山者だけで、ひっそりとした雰囲気でした。
  

キャンプ場南側のヤブツバキ

       
  
竈門神社参道の桜にもちらほらと花弁が開き始めていました。
満開は一週間後くらいかな〜?
桜が終わるまで車で登山は暫くオアズケ。
  
    

竈門神社参道の桜

    

今日のGPS軌跡

   
延べ往復 6.73Km


inserted by FC2 system