自然歩道  

Back To Index

井原山

H22.04.03 洗谷登山口⇒洗谷⇒洗谷分岐⇒井原山⇒水無道⇒水無道駐車場⇒アンの滝分岐⇒アンの滝⇒車道出会い⇒洗谷登山口
    
今年は背振山系を多く登ろうと前回の金山に引き続き井原山に登りました。
お付き合い頂いたのは山友
いーさんです。


朝8時5分、洗い谷登山口より入山。
最近の天気は日替わりで変化。一昨日は福岡地方にはかなりの雨が降りました。
心配なのは登山道です。洗い谷コースは滝が多く、それに沢歩きと登山道歩きとが区別できないような歩きが沢山あります。
昨日も降り続いていれば予定変更も考えましたが、幸い昨日は曇り後晴れの天気でしたので決行することにしました。

       
動画⇒クリック

ブログ⇒クリック
    

入山から暫く歩くと沢の流れと小滝が連続します。やはり水量が多く普通は流れていない所まで沢のようにとうとう流れをつくって
いました。何時もの登山道かな〜?と首をかしげたくなるような箇所もありました。

  

 

洗い谷登山口(8:05)

小滝が続きます

   
   
段々登山道らしきものが無くなり沢の中の岩を踏み分けるながらの歩きが多くなります。
水嵩が上がっているのと滑りに注意しながら前を確かめながら一歩一歩前進です。
今日は足の置き場が限られています。踏み外したり滑ったりすると勢いよく流れる沢にザブンです。
  

    
    
洗い谷コースの中間点を過ぎるとロープ箇所のスリリングな関門が待っています。
右下の滝の横から急傾斜の斜面(一段下の左側画面)をロープを頼りに登ります。
今日はこのロープの下へ辿りつくまでが大変でした。
  

第一の関門のロープ箇所横の滝

      
     
ここがロープ箇所では最大の難関箇所です。
  

第一のロープ箇所

   
      
第二のロープ箇所です。左下写真の右側から登ります。
  

第二のロープ箇所

   
    
第三のロープ箇所です。滝としてはここの滝が最も大きな滝ではないでしょうか。
滝の右横から登ります。ここはよーく見ないとロープが見当たりません。
登りながら沢山のご褒美を頂きました(秘密です)
  

第三のロープ箇所

       
    
     
第三のロープ箇所を過ぎると穏やかな傾斜となり、一息入れながら縦走路の尾根道へと向かいます。
やがて流れも絶えると前方上に縦走路の尾根道が見えてきますが、ここからの傾斜がまた凄い。
洗い谷で緊張と疲れでヘトヘトになった体に鞭打ってロープにしがみつきながらやっとの思いで尾根道へと登り上がります。
尾根道から見下ろす洗い谷の急斜面を眺めて、よ〜こんな斜面を上がって来たもんだと感慨ひとしお。


   
         
    
井原山へ向かいます。
縦走路にはコバノミツバツツジの蕾が開く時期を待っていました。


  
井原山(10:30)

  

もうすぐこの風景がピンク色に

   
井原山より水無道へ下りました。
オオキツネノカミソリ群生地は青々として順調に生育中のようです。
群生地のベンチで「HPをみてますよ〜」と声をかけていただきました。有難うございます。
  
今、自然豊かな井原山周辺は山野草が沢山花開いています。
ニリンソウ、イチリンソウ、シロスミレ、ヤマルリソウ、チャルメルソウ、シロバナネコノメソウ、コガネネコノメソウ、ヤマルリソウ、
ホソバナコバイモ、ツクシショウジョウバカマ、ヤマエンゴサク、ヒトリシズカ・・・・・等々。
この時期になると花好きの山友が頻繁にここを訪れています。
今日はかずさん、のどかさんが来ている筈でしたが残念ながら会えませんでした。
登山道の真ん中でうずくまるような姿勢でカメラを構える登山者が一人。近づいても動きません・・まだ動きません。Hiroさんでした。
  

水無登山道(オオキツネノカミソリ群生地)

激写中のいーさん

いーさん激写の画像(いーさんのブログより借用)

     
   
水無登山道はオオキツネノカミソリの時期に歩くことが多く、カミソリの花の方に眼が奪われてあまり沢を眺めたことがありません。
今日眺めて見て水無道にもこんな良い眺めの沢が流れていたのかと感心しました。
同じ山系で同じ日でありながら洗い谷とは違う穏やかな流れに癒された気がします。
  

   
       
水無道の終わりまで歩いてアンの滝分岐へ戻り、瑞梅寺川源流経由でダルメキ谷道へ出ました。
アンの滝と桜を眺めながら休憩。
ダルメキ谷コースには三箇所くらいちょっとした渡渉がありますが、安全な渡渉箇所を見つけるのに苦労した箇所もありました。
車道出会いで車道を歩いて洗い谷登山口へ帰りました。
   
前半はアドベンチャー気分を存分に満喫、後半は沢山の山野草に心を癒されました。

アンの滝の桜と滝

     
       
本日出逢った花さん達

  

ニリンソウ

   
  

ニリンソウ

イチリンソウ

      
  

シロスミレ

シロスミレ

        
  

ユリワサビ

コチャルメルソウ

        
  

シロバナネコノメソウ

コガネネコノメソウ

      
  

ヤマルリソウ

ホソバナコバイモ

       
  

ツクシショウジョウバカマ

ヤマエンゴサク

       
  

ヒトリシズカ

エイザンスミレ

           
      
洗い谷登山口→(洗い谷)→洗い谷分岐→井原山→(水無道)→アンの滝分岐→水無駐車場→アン
の滝分岐→瑞梅寺川源流→アンの滝→車道出会い→(車道歩き)→洗い谷登山口
    
登山口から瑞梅寺ダム方面へGPSの軌跡が走っていますが、登山口で軌跡保存をOFFにするのを忘
れたからです。井原の信号で気が付いてOFFにしました。
車のトランクに入れて走ったわけですが、衛星捕捉の性能の良さに驚くばかりです。



inserted by FC2 system