自然歩道  

Back To Index

井原山

H22.04.017 洗谷登山口⇒洗谷⇒洗谷分岐⇒井原山⇒水無道⇒アンの滝分岐⇒瑞梅寺川源流⇒アンの滝⇒ダルメキ谷登山口
       
井原山の新しい花情報が入ったらしく洗い谷コースを案内して欲しいという「のんびら〜ッと姉妹」の依頼を受け案内することになりました。
先日(3日)にいーさんと一緒に歩いたルートとほぼ同じ洗い谷〜井原山〜水無道〜アンノ滝〜ダルメキ谷コースです。
  
朝9時15分、キトク橋横の駐車場へ集合。(3日には工事中でしたが整備されて立派な駐車場になっています)
豊津の俊ちゃん、信ちゃん夫妻の顔が見えました。2・3日前に山行のお誘いを受け、今日の山行の逆誘いをして来て頂きました。
〜んでもう一人何時も見る顔が・・・・???。toshiyanさんです。あっぷるさんの姿も・・・・。
今日は水無道を歩いての予定だったらしいのですが井原山だったら誰か知った登山者いるだろうと駐車場を覗いたら豊津の俊ちゃん、
信ちゃんの姿を見つけたとの事で、それなら一緒に登りましょうということに。
   
当初の4人の予定が一挙に8人になりました。楽しい歩きとなることでしょう。

       
動画⇒クリック

ブログ⇒クリック
    

  

キトク橋駐車場に2台デポして2台で洗い谷登山口へ移動。洗い谷登山口を9時30分スタート。

9:40 洗い谷登山口スタート

      
   
前回は2日前までかなりの雨量を記録していましたので水嵩が上がって道不鮮明と渡渉に苦労することもありましたが、今日は
一週間ほど雨が無かったので、とても歩きやすくなっていました。
歩き始めは杉林の暗い登山道が続きますが、段々自然林の道に変わり沢沿いを登って行きます。
イチリンソウが歓迎してくれました。途中でイチリンソウの群落と出逢いましたが、谷逢いの急な斜面でデジカメにも撮れず、た
だ感嘆の声をあげながら通り過ぎました。

洗い谷コース

洗い谷コース

      
   
第一ロープ箇所です。
沢を渡ったり沢の中を歩くような感じで進むと前方滝の上方横に長い長いロープが垂れているの見えてきます。
ここがロープ箇所では最も難関の箇所かもしれません。見上げれば垂直に近い角度に見えます。
今日は足場が良くて問題なく登れましたが、雨後の足場が悪い時はかなり苦労します。
新品の手袋をしてると、大抵はここで手袋が真っ黒の泥だらけ。
   
一番手に風来坊さん、二番手に私が登りました。
皆さん、次々と登りました。
実は私が撮っている場所がロープの終わりでは無くて、その上にまたロープがあって二段のロープになっています。

第一ロープ箇所 一番手 風来坊さん

三番手 toshiyanさん

四番手 あっぷるさん

      

五番手 nodokaさん

六番手 かずさん

七番手 豊津の信ちゃん

八番手 豊津の俊ちゃん

    

二段目のロープ

      
   
第二ロープは第一ロープを過ぎて間もなくの所です(GPS軌跡を参照) ここも滝の横です。
足場があって登りやすいです。
  

第二ロープ箇所 あっぷるさん

nodokaさん

     
   
その後、ちょっとしたアドヴェンチャー気分を味わったり美しい景色を眺めたら(新緑の時は特に綺麗)、沢を直接登ったり、渡渉
を繰り返したりの連続で、なかなか面白いコースです。
  
第二と第三のロープ箇所の間に小さなロープ箇所がありますが、足場が良い時はロープを使わなくても登れます。
  
      
       


   
洗い谷の新緑
             

  

      
   
第三ロープ箇所は左前方上に二連になった大きな滝が見えてきます。この滝の右側にロープが設置してあります。
この辺りで一人の登山者が我々の最後尾に追かれているのを上から見て視界に入りました。
第三ロープ箇所を全員登り切ったところでこの方の顔拝見。Naさんに似ているかな〜?と思いながら声をかけられずにいました。
ひょっとしたらと思いなおしてNaさんでは?と問いかけたらやっぱりNaさんでした。
最後にお会いして4・5年くらいになりますか。井原山でお会いした時のことを画像入りでHPへアップしていますが、今のところ捜
し切れていません。
Naさんは私の歳よりもずっと上で以前から井原山の登りは洗い谷しか登らないという方でした。でも今でも相変わらず登ってある
とは多少の驚きとともに少し力が湧いてくるような気がします。
  

第三ロープ箇所 かずさん

  

あっぷるさん

     
      
第三ロープ箇所が終わると縦走路の稜線を目指します。
途中で左側へ登り上がるところと、右側の岩場があるところを通過します。
何時もは左側へ登り上がっていましたが、Naさんが右側の岩場からでも登れると教えて頂きましたので、そちらの岩場から全員
で登りました。新ルート開拓です。
  
これから縦走路まであまり面白くない歩きが続きますから、なかなか気分一新の岩場でした。
  

岩場を登るtoshiyanさん

かずさん

      
    
さて、いよいよ洗い谷ルートの最後の難関急斜面のロープ場です。
洗い谷ルート歩きの疲れと急斜面、それにロープ以外に摑まる木々がありません。
足場がやわらかい土と落ち葉の組み合わせ。かなり脚をとられます。ロープだけが頼りです。
登り上がればこの達成感はなんとも言えません。全員無事登り切れました。

最後の急斜面 かずさん 11:35

豊津の信ちゃん

     

nodokaさん

あっぷるさん

豊津の俊ちゃん

     
   
縦走路稜線で一息ついて井原山へ向かいます。
井原山までの登山道はもうすぐコバノミツバツツジでピンク色一色になります。
蕾はありましたが今年の天候不順、例年通り4月末から5月連休初めに咲いてくれるのか気がかりです。
   
洗い谷分岐から井原山までの歩きもかなりハードです。
途中でのぬかるんだドロドロの道も今日は乾いていて脚をとられることなくヘロヘロになりながらも全員無事山頂到着。
洗い谷登山口から2時間35分、順調な歩きでした。

井原山到着 かずさん 12:05

豊津の俊ちゃん

豊津の信ちゃん

      

nodokaさん

あっぷるさん、toshiyanさん

        
        

集合写真 (画像toshiyanさん提供)

        
   
山頂で昼食、休憩後、水無道へ降りてオオキツネノカミソリ群生地を歩いて山野草の花散策開始。
ニリンソウの群生が見事でした。
ここからの歩きは遅々として進みません。

水無道オオキツネノカミソリ群生地

      

       

       
    
水無道のアンノ滝への分岐を瑞梅寺川源流を通ってアンノ滝へ向かいます。

水無・ダルメキ道分岐到着

アンノ滝

           
    
今日の井原山は何処を歩いても山野草が沢山咲いていました。
最後の最後でかずさん念願の野草に出逢えたようです。
しかし、ちょっと暗かったようで撮れたかどうか・・・・??

ダルメキ谷コース

花撮影に夢中

 

     
洗い谷登山口→(洗い谷)→洗い谷分岐→井原山→(水無道)→アンの滝分岐→瑞梅寺川
源流→アンの滝→ダルメキ谷道→瑞梅寺登山口
                      延べ10.4KM


inserted by FC2 system