自然歩道  

Back To Index


由布岳(お鉢巡り)

H22.05.16 正面登山口⇒合野越⇒マタエ⇒西峰⇒お鉢巡り⇒東峰⇒マタエ⇒合野越⇒正面登山口

      
     
井原山洗い谷コース、三郡縦走に続いてまたまた「のどかさん企画」の由布岳お鉢巡りです。
由布岳は「のんびら〜ッと姉妹」にとっては山登りを始めて最初に踏んだ山ということですが、最初の山登りとしては体調の変化等でちょ
っとしたハプニングがあったとか。
のどかさんにとってはそれがトラウマ状態として続いていたようです。今回それを払拭したいということで由布岳にお付き合いすることにな
りました。
   
その時の詳細はこちらをご覧ください。
 
のどかさんのブログ
 かずさんのブログ
    
朝8時由布岳正面登山口をスタート。
今日は佐賀から単独でのどかさん(かずさんは町内行事で参加出来ず)、福岡より肉まんさん、風来坊さんとS・TAROUの3人。
一週間前からの天気予報はずっと雨マークが続きましたが、のどかさんの念力が通じたのか二日前の夕方の予報より晴れマークが入りま
した。

        
動画⇒クリック
ブログ⇒クリック


    
天気は朝から快晴です。
正面登山口からスタートして牧草地前方に聳え立つ由布岳の雄姿が眩しいくらいです。新緑も綺麗。
由布岳は2008年11月に東登山口からのお鉢巡り以来ですから約1年半振りです。
感じとしては2〜3年ご無沙汰のような感じでいました。
朝の清々しい空気を吸いながら由布岳を目指しました。
  
牧草地の先から新緑の林を歩きます。以前はここに柵があったような気がしますが・・・・。


   
牧草地から新緑の林へ

由布岳(8:00)

      
    
新緑に彩られたカエデ、ミズナラ、リョウブの林は素晴らしいものでした。

    
      
登山口から35分、合野越到着。小休止。
登山道は次第に低木の登山道に変わって行きます。
周囲の景色や迎えてくれる山野草を探し、そして小鳥の囀りを聞きながら少しずつ高度を上げて行きます。

合野越(8:35)

次第に低木の登山道へ

       
       
登山道から眺める景色が素晴らしい。

登山道からの眺望(飯盛ヶ城)

湯布院の街並み

       
       

エヒメアヤメ

キスミレ & スミレ?

        
        
2時間で西峰、東峰の鞍部であるマタエ到着。
これから登る西峰、東峰を見上げて気合を入れます。

マタエ(10:00)

         
         
今日は西峰からのお鉢巡りです。
いきなり最初の鎖場に取り付いて登り、暫く進むと難関の障子戸の絶壁。
ここは一方通行で、ここに到着した時点では西峰より下りて来る登山者が通過中で、登る方は暫く全員が下り終わるのを待たなけ
ればなりませんでした。
今日は早朝ということと先週が山開きだったということで、比較的登山者が少ないようです。登山者が多い時は運悪くここで数十分
待たされることがあります。
   
鎖がしっかり取り付けられていて、足場もしっかりしているので登りは比較的すんなり登れますが、下りの場合は下が見えて少し怖
いかも。集団で下りてくる年配のご婦人方、皆さん怖々岩場を這うようにして下りて来られました。


   
今度は登る方の番です

障子戸の難所 下山者を待ちます

       
       
顔の表情が撮れたら良いのですが・・・・・(笑)

風来坊さん

のどかさん

肉まんさん

       
       
スタートから2時間25分、西峰到着。
風がまったくありません。

西峰到着(10:25)

西峰(1584M)

      
      
西峰からいよいよお鉢巡りコースです。
西峰山頂からコースが見下ろせて、ちょうど10人位のグループがナイフエッジ辺りで東峰方向へ進行中でした。

お鉢巡りコース(ナイフエッジ)

       
    
西峰から北へ進んで、やがて東へ急降下で下りお鉢巡りコースが始まります。
右下画像の箇所が最も手ごわい箇所でした。動画でのどかさん「登れるやろか・・・」と声を発しています。登れました〜!!

お鉢巡り

最も険しかった岩場

        
        

下りも険しい

落石に注意

       
       

慎重に

剣ノ峰を目指して

          
         
右下の岩が私の記憶ではこのコースで最もいやらしい箇所です。西峰から歩くとそうでもないのですが逆に東から歩くと岩と岩の間が
底なしのように見えて、ちょっと恐かった記憶が残っています。肉まんさん、怖々岩を這っています(笑)
雨後の滑りには注意は必要です。

腕の力も利用してバランスよく「よいしょッと・・・」

逆を歩くと慎重を要する岩場

     
     
上の岩場を過ぎると後は割と歩きやすい登山道になります。
この登山道には沢山のキスミレが出迎えてくれました。

東峰はもうすぐ

東峰到着

       
       
スタートから3時間25分、西峰から約1時間で東峰到着。
山頂には沢山の登山者が詰めかけていました。ここで昼食、休憩。

東峰(11:25)

東峰山頂(1584M)

       
    
昼食、休憩中に雲が少し広がってガスが山頂を覆い始め、瞬く間に西峰やお鉢コースが全く見えなくなりました。
ちょうど親子3人連れで遅れる母親を励ましながら進む登山者がお鉢コースの中間過ぎ辺りを進行中でしたから、目標が見えなく
なったらと気になっていましたが、ガスは5分くらいで完全に消え去りました。やがて、その親子3人も東峰山頂へ無事到着。

ガスが立ち込めだしました

      
      
東峰からマタエへ下ります。
下りる登山者と登ってくる登山者で登山道は混雑。

マタエへ下ります

マタエは登山者でいっぱい

       
       
マタエから往路と同じ新緑の登山道を歩き13時50分登山口到着。

楽しい一日でした

       
       
振り返れば朝見上げた由布岳とはまた違った雰囲気の由布岳がありました。
絶好の山日和に恵まれて楽しい一日でした。

      
      

    
正面登山口⇒合野越⇒マタエ⇒由布岳(西峰)⇒お鉢巡り⇒東峰⇒マタエ⇒合野越⇒
正面登山口  延べ8.96Km

inserted by FC2 system